昼間部人権教育基本方針

1 本校の人権教育の基本方針
 人権教育は,基本的人権の尊重の精神を正しく身につけるとともに,人権尊重社会の実現をめざし,一人一人がその発達段階に応じ,人権尊重の理念に対する理解を深め,これを体得することを目標としている。また,人権尊重とは,まず「自分の人権」を守り尊重することの大切さをしっかりと認識することに始まり,ひいては他人の人権についても正しく理解し、その権利の行使に伴う責任を自覚して、人権を相互に尊重しあうことである。
 本校には,達成経験や代理経験が乏しく,自己肯定感が低く,自他の人権を尊重する意識が希薄な生徒が少なからず存在している。本校は,「課題を抱えさせられた生徒たち」が安心して過ごすことができ,レジリエンスや自己効力感を修得し,すべての人の「権利」が尊重される社会の形成者として生きていく力を獲得する場とならなければいけない。
 本校の人権教育は以上のことの鑑み,以下のことを基本方針とする。
(1) 本校教育活動のすべてにおいて,人権を重んじることを根幹に据えた人権教育を展開することにより,人権尊重の精神に基づいて人権問題を主体的・創造的に解決できる能力と実践力を持つ民主的な人間を育成する。
(2) 人は誰もが権利を保障され,大切にされなければいけない存在であることを理解することにより,自分だけでなく他者の人権を尊重する姿勢を持ち,それがさまざまな場面や状況下での具体的な態度や言動に表れるような人権教育を,組織的・計画的に展開する。
(3) 教職員は常に自己の教育活動の点検・評価を行い,研修の充実を図りながら,教職員が一体となって人権教育に取り組む体制を構築する。
(4) すべての生徒に学びに場を確保し,生きる力を身につけるための支援を充実する。
(5) 校内外における自主活動の育成と,活動内容の充実を図る。
(6) 人権教育の推進にあたっては,PTA,中学校,関係機関・団体,地域社会等との連携を図る。

2 昼間部の取り組み
(1) 生徒一人一人が,人権の意義・内容や重要性について理解できるように,すべての教育活動に人権教育的な視点を持たせた年間計画を作成する。
(2) 生徒一人一人が,生き生きと学校生活を送れるように,すべての教職員の共通理解のもとに計画的な指導を推進する。
(3) 生徒一人一人が,主体的に学べる人権学習を展開するために,教職員の人権教育研修を推進する。また,各種研修会に積極的に参加し,教職員が自ら研鑽に励む。
(4) 生徒一人一人が,自らの人権意識を高めるなかで,「差別を許さない集団づくり」「支え合う集団づくり」をめざせるよう,生徒の自主活動の育成に努め,差別解消に向けての実践力を培う。

3 今年度の具体的目標
(1) 新たな教職員を交えた研修会を実施し,継続的・総括的な人権教育への取り組みについての共通理解を図る。また、新旧ホームルーム担任による生徒の状況等の引き継ぎを慎重かつ確実におこなう。
(2) 昨年度の人権教育研修会の内容をさらに充実発展させるべく,実践に役立つ研修の機会を増やす。特に同和問題に重点をおき,差別事象や事件に対しても誰もが即応できるように教職員の資質を磨く。
(3) 授業終了後や清掃時に点検・整備を行い,昼間部・夜間部・通信制間の連携を密にした教室管理や教室の受け渡しの実施を継続しておこなうとともに,常に生徒に魅力ある授業に向けた毎時の授業内容の点検・検証・改善を行う。
(4) 新入生および転編入生に対し,人権に関する意識調査や面談を実施し,これまでの人権教育における学習過程を掌握しておき,必要と認められるときは,出身校や地域社会との連携を密接に行うことで生徒理解を深める。
(5) 日頃から環境美化に努め,落書き・ゴミ等が放置されないように努める。
(6) ホームルーム活動や学校行事等の教育活動を通じて,人権尊重の精神の大切さを認識させ,同和問題が生徒一人一人に関わる問題,特に差別をする側の問題であることを考えさせる。また,人の心の傷みや思いがわかり,身のまわりの不正や偏見を見逃さない鋭い人権感覚を養い,差別に対してそれを解決しようと具体的に行動できる生徒の育成を目指した人権教育を今後も展開する。
(7) 保護者や関係機関との連携を図り,子どもたちがかかえる問題を三者が共通のかだいとし,人権侵害のない豊かな人権社会実現に向けての協力体制を継続していく。
(8) 生徒人権委員会やとくしま中央一座といった生徒が自主的に活動できる場を増やし,生 徒が自尊感情を高めることができる教育活動を推進する。
 
(9) すべての生徒が自他の人権を認め,互いを大切にし,社会全体が幸福に営めるように貢献・尽力しつつ,あらゆる人権課題解消の担い手としての生き方ができ,人権尊重を貫くことのできる精神の育成に,教職員組織として一体の取り組みを推進していく。
(10) 被差別の立場におかれた生徒および特別支援を要する生徒のサポート体制,その生徒が中心に据わったホームルーム運営や仲間づくり,学力支援や進路支援を学校全体の取り組みとして図っていく。