学校経営方針

学校経営方針

(1)本県教育大綱の基本方針

  未知の世界に果敢に挑戦する,夢と志あふれる「人財」の育成

(2)本校の教育目標

 ア 基本目標

   生命を大切にする心を育み,心豊かな人間を育成する。学ぶ意欲と熱意に応えて,多様な学習 形態と学習機会を提供し,

  一人一人の生徒が主体的に学ぶことができる定時制・通信制教育を展開する。

 イ 重点目標(中期目標)

 ① 基本的生活習慣を確立し,基礎学力を定着させるとともに,キャリア教育,体験的活動と教育的支援の拡充を図ることに

  より,社会的・職業的自立ができる生徒を育成する。

 ② 人権教育,道徳教育,安全教育を推進し,人権尊重の精神を尊び,自主的・自立的に行動できる人間を育成する。

 ③ 目標に向かって地道に努力する生徒を育成し,一人一人の生徒の良さを積極的に見つけ,伸ばしていく学校づくりに努め

  る。

 ④ 学校運営のビジョンを学校と保護者,地域や産業界の方々と共有し,互いにパートナーとして,連携・協働のもとに「社

  会に開かれた教育課程」の実現に向けた取組を充実させていく。

(3)本年度の重点目標

 ア 一人一人の生徒の基礎学力向上に努めるとともに,様々な体験活動を充実させ,希望進路の実現を図る。

  ① 授業に対する興味・関心・意欲が高められるよう教材・授業研究の創意工夫を行いながら基礎学力の定着を図る。

  ② 早期から進路ガイダンスとキャリア教育を充実させ,勤労観・職業観やコミュニケーション能力の育成に努める。

  ③ 授業やスクーリングのユニバーサルデザイン化を進めるとともに,必要な教育的支援を行うことにより生徒の個性に応

   じた,主体的な学習を推進する。

     ④ 様々な幅広い体験活動を計画・実施し,人や社会とかかわる力及び豊かな人間性や社会性を育んでいく。

 イ 基本的な生活習慣を確立し,互いに人権を尊重できる,自立した個性豊かな生徒を育成する。

  ① 暴力やいじめ等の人権侵害を許さない校風を確立し,家庭・地域との連携のもとに,あらゆる教育活動において,人権

  教育・道徳教育の充実を図る。

     ②  生徒自らが現在及び将来における自己実現を図っていくための自己指導能力を育成するために,次に示す生徒指導の3つ

   の機能を全ての教育活動に取り入れていく。

  (1)生徒に自己決定の場を与える

  (2)生徒に自己存在感を与える

  (3)共感的人間関係を育成する

  ③ 部活動・委員会活動・プロジェクト活動・学校行事等を活性化し,進んで集団や社会に貢献できる自主・自立の精神の

   涵養に努める。

 ウ 教職員の資質向上に努め,保護者や地域の期待に応える学校づくりを推進する。

  ① 職場における教職員研修に努め,一人一人の教職員が十分に力を発揮できる風通しの良い職場づくりを進める。

  ② 報告・連絡・相談の徹底を図るとともに,事故防止や災害に備えた学校の安全管理体制を構築する。

  ③ 「開かれた学校づくり」を推進し,生徒・保護者・地域社会の期待に応える定時制・通信制教育を目指す。